腰痛探検家 コロナ禍篇|高野秀行
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

腰痛探検家 コロナ禍篇|高野秀行

文・高野秀行(作家)

エンドレスで続くコロナ禍で腰痛に苦しむ人が増えていると聞く。リモートワークのおかげで、極端な運動不足になったり、自宅にちゃんとしたデスクと椅子がないままパソコン仕事をしたりするかららしい。

かくいう私も三十数年来の腰痛持ちである。一時期は寝ても起きてもいられないほど痛み、整形外科からカイロプラクティック、鍼灸、リハビリ療法の一種であるPNF、謎のカリスマ治療師、心療内科、超能力(治療師が額からビームを出す)まで、ありとあらゆる治療にすがった。腰痛世界はアマゾン奥地のジャングルと同じくらい絶望的かつ脱出困難な魔境であり、その経緯を『腰痛探検家』という本に記したほどだ。

最終的には全てを諦めてプールへ行き、しゃかりきに泳いでいたらよくなってしまった。理由はよくわからない。水泳の姿勢が腰痛にいいのはたしかだが、誰もが水泳で腰痛がよくなるわけでもないので、私の腰との相性が抜群によかったのかもしれない。

以来、ときどき腰痛が発症しても委細かまわずバシャバシャ泳ぐことによって解決してきた。ビバ水泳! プールマイラブ! なのだが、話はそう簡単ではない。私が取材や旅で訪れるアジアやアフリカの辺境地には泳げる場所などそうそうないからだ。水泳ができないまま1週間も過ぎると魔の腰痛がしのびよってくる。近年はイスラム過激派やテロがはびこるソマリアやイラクといった治安のよくない場所に行くことが多く、自由に出歩けなくて運動不足になったり、ちゃんとしたデスクと椅子がなくベッドの上で変な姿勢で記録をつけたりするため、ますます腰が痛む。そう、リモートワークで腰痛になる会社員の人たちとそっくりだ。

この続きをみるには

この続き: 974文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。