見出し画像

「沖縄のことを聞かせてください」著者・宮沢和史さんインタビュー

文藝春秋digital

宮沢和史 ©中川正子

宮沢さん
Ⓒ中川正子

画像2

著者は、「THE BOOM」(2014年に解散)のボーカリストの宮沢和史さん。もともと沖縄民謡に魅かれていた宮沢さんだが、ある時「ひめゆり平和祈念資料館」で沖縄戦の記憶に触れ、強い衝撃を受ける。この経験をもとに作られたのが、1992年発表の『島唄』だ。150万枚の大ヒットとなり、いまも歌い継がれている。

「島唄を30年も歌い、沖縄にも通い続けてきました。島唄は現在進行形で歌っているので、なかなか過去のものにならない。自分や沖縄にとってどのような意味があったのか、総括する機会を得られずにきました。しかも今年は、本土復帰50周年の大事な年でもある。現在は過去から未来へつながる水脈の中に位置します。沖縄を生きて、沖縄を形作ってきた人たちの人生を見つめ直し、未来を考えるきっかけにしたいと思いました」

本書は宮沢さんのエッセイ、10人との対話で構成されている。

この続きをみるには

この続き: 567文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!