新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

田原総一朗が語る、菅義偉 「やると言ったら絶対やる頑固な男」

2020年9月16日にスタートした新政権は、「国民のために働く内閣」を掲げ、デジタル庁の創設、携帯電話料金の値下げなど様々な改革案を打ち出した。現在の国内は、新型コロナウイルス感染拡大の「第3波」に見舞われているが、菅義偉首相(72)はこの難局を乗り越え、改革を実現させることは出来るのか。政界のご意見番であるジャーナリスト・田原総一朗氏が語る。

安倍前首相が「菅さんがいい」と断言

田原総一朗

田原氏

実は私は、菅さんが総理大臣になるだろうという予感は、2年前からしていたんですよ。

2018年の秋、安倍晋三前首相が3選を果たしたばかりの頃だったかな。安倍さんと一対一で会っていたら、「田原さん、ポスト安倍は誰がいいと思う?」と聞いてきた。そこで、「菅さんがいい」と断言したんです。理由は3つあります。

1つ目は、世襲の政治家ではないということ。

2つ目は、エリートではないこと。彼は秋田の農家に生まれ、就職で上京、働きながら夜間の大学を卒業した苦労人です。苦労人は修羅場を経験していることが多いので、いざという時に強い。また、エリートでない人は得てして、他人をやっかんで足を引っ張ったりしますが、菅さんにはそういう面が全く見られないのも良いところです。

3つ目は、自分の仕事に徹するというところ。菅さんは7年8カ月も、官房長官として安倍さんを立派に支え続けていた。あのポジションを続ければ普通は野心が芽生えます。しかし、菅さんは変な気を起こすことはありませんでした。

安倍さんにこういったことを説明したら、「実は僕も、菅さんがいいと思っている」と打ち明けられた。その時は、安倍さんの気が変わるかもしれないと思って、菅さんに伝えることはしませんでした。

そこから月日が経って、今年4月のことです。当時の永田町では、安倍さんが岸田文雄さんを後継にしたがっているとの説が有力でした。だから安倍さんにこう突っ込んだんです。「最近あなたは気持ちが変わったんじゃないか。僕との約束はどうなったのか」と。そうしたら「気持ちは全く変わっていない」と。その晩、菅さんに電話して初めてそのことを伝えたら、「本当ですか?」と驚いていました。

菅さんの、多くの難題を巧みにさばいてきた手腕は見事なものです。中でも私が記憶に残っているのは、2005年に小泉純一郎さんが掲げた「郵政民営化」を巡る騒動です。

この続きをみるには

この続き: 1,591文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。