立花隆 暗号で書いたラブレター 板谷駿一 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

立花隆 暗号で書いたラブレター 板谷駿一 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
ジャーナリスト・立花隆(1940~2021)は、政治、社会、宇宙、生命など多岐にわたるテーマに取り組んだ。「知の巨人」の原点を、幼馴染の板谷駿一氏が語る。/文・板谷駿一(元NHK専務理事)

板谷駿一

板谷氏

立花君と僕は、水戸市の小・中学校、それに大学も一緒だった。

あだ名はタコ。坊主刈りで、タコのように円い顔をしていた。僕が一番凄いと思ったのは、面白い遊びを考えだす抜群の才能だった。

小学校4~5年の頃か、鉱石ラジオの組み立てを、クラスで真っ先に始めたのは、タコだった。工作の時間に、ユニークな「折り畳み式の椅子」を作り、欲しがる網元の息子に売って、次なる遊びの資金にした。

授業中に暗号でラブレターを書き、好きな子に渡す遊びもあった。その子には、あらかじめ解読のためのキーワードを渡しておく。ラブレターの中身は、「あしたアソボ」とか、他愛のない内容だったかもしれない。この遊びが授業中に広がったので、先生から大目玉をくらった。

彼の読書は半端でなく「図書室の本を全部読んだ」という伝説が生まれたりした。

画像2

立花隆

小学5年生の冬、校庭が霜でぬかるむので、学校が石炭ガラをまいた。ところが、転んで怪我をする生徒が続出。学校は生徒を大量動員し、石炭ガラを拾わせた。タコは壁新聞に「七色唐辛子」というコラムを設け、学校側をピリリと批判した。

この続きをみるには

この続き: 276文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。