見出し画像

飯間浩明の日本語探偵【し】「恣意的」ということば どう理解すればいいのか

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【し】「恣意的」ということば どう理解すればいいのか

検察庁法の改正案が議論されていた2020年5月、ネット上で「恣意的」ということばの検索頻度が急上昇しました。法案では、検察幹部の定年を、政府が認めた場合に延長できる規定がありました。「政権が制度を恣意的に運用するおそれがある」と、抗議の世論が盛り上がり、法案は先送りになりました。

この「恣意的」については、しばしばネット上で話題になっているのを目撃します。たしかに、複数の使い方があって、ややこしい面はあるのです。このことばをどう理解すればいいのか、この機会にまとめてみます。

まず、「恣」という字は「ほしいまま」と訓読みします。『大漢和辞典』では、「恣意」を〈心をほしいままにする。勝手。きまま〉と説明します。まあ、「心のまま」ということですね。ただし、「心のままに生きる」を「恣意的に生きる」とは言わない。「心のまま」という説明だけでは不十分です。

「恣意的」の基本的なイメージは、「これといった規則に基づかない」ということです。たとえば、漫画のことばを調べようとして、書店で目についた漫画を適当に10冊選んでみた。これを「恣意的に選んだ」と言います。「任意」よりも思いつきの度合いが強い感じ。

この続きをみるには

この続き: 472文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。