「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

橘玲 今月買った本 国家と歴史戦

文藝春秋digital

国家と歴史戦

「ウクライナをファシストから解放する」という名目で、ロシアは無謀な侵攻を開始した。だがプーチンは、いまや世界から「ファシスト」と批判されている。だとしたら、「ファシズム」とはいったい何だろうか?

『ファシズムとロシア』は、気鋭の歴史学者がこの問いに挑んだタイムリーな本。ソ連崩壊後、ロシアと新たに誕生した民族国家(新東欧)のあいだで「歴史戦」が勃発した。「ナチスとスターリンのソ連は同じ」という新たな歴史観へのロシア国内の反発が、現在の事態の背景にある。

『ウクライナ・ナショナリズム』は旧ソ連の民族研究の泰斗による1998年の著作の「緊急復刊」。ソ連崩壊直後から周辺諸国の「残留ロシア人」問題が深刻化しているとして、「近隣諸国との国境紛争の可能性」を指摘。民族(国民国家)の「アイデンティティの紛争」は、30年かけて悪化し破局を引き起こした。

この続きをみるには

この続き: 1,132文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。