大相撲新風録 霧馬山|佐藤祥子
見出し画像

大相撲新風録 霧馬山|佐藤祥子

大相撲新風録「霧馬山」

霧馬山きりばやま、モンゴル・ドルノドゥ出身、陸奥部屋、25歳

モンゴルの大草原で育った朴訥な青年

首都ウランバートル出身のモンゴル人力士も多いなか、霧馬山は正真正銘の遊牧民だ。大草原で羊を放牧し、ゲルと呼ばれるテントでの生活。幼い頃から両親を助けて家畜の世話をし、自在に馬を乗りこなしていた。

初土俵は2015年5月場所だが、前年に「テスト生」として来日しており、元大関霧島が率いる陸奥みちのく部屋での相撲部屋生活を体験した。この当時の霧馬山の姿を、今も覚えている。稽古場で陸奥親方が目を細め、こう囁いたのだ。

「見てごらん。あの子、すごいでしょ? モンゴルから来ている子なんだけど、相撲の経験もないのに、うちの力士たちをガンガン負かしちゃってるんだよ」

この続きをみるには

この続き: 624文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。