角田光代さんの「今月の必読書」…『つまらない住宅地のすべての家』
見出し画像

角田光代さんの「今月の必読書」…『つまらない住宅地のすべての家』

逃亡犯が住宅地にもたらす「爆発」

ページを開くと、小説の舞台である「つまらない住宅地」の地図と、住人の名字、何人暮らしかが書いてある。「笠原家……75歳の妻と80歳の夫の2人暮らし」といった具合に。

小説は、この一角に住む人たち、それぞれの視点に切り替わりながら進む。冒頭で、この町に逃亡犯が向かっているらしいことがわかる。2つ隣の県の刑務所を脱獄したのは、勤め先から横領をした36歳の女性で、この住宅地近辺の出身らしい。住人たちは、テレビやインターネットや学校や職場で事件を知り、それぞれにざわつく。やがて自治会長になったばかりの丸川さんが、この一角で協力し合って寝ずの見張りをすることを提案する。

そんななかで浮かび上がってくるのは、コの字に並ぶ10軒の家が抱え持つ事情であり、問題である。

自治会長の丸川さんは、妻に出ていかれて中学生の息子と暮らしている。矢島家の幼い姉妹の母は帰らない日があり、食事にこと欠く姉はなんとか料理を覚えたいと思っている。三橋家の父と母は、12歳の息子の問題に悩むあまり、とんでもない計画を立てはじめている。

逃亡犯によって、言葉を交わし、ともに食事をするようになる住人たちは、自身の事情を他者に明かすことはない。けれども関わり合うことで、波紋が生まれ、広がり、それぞれの事情が動きはじめる。

この続きをみるには

この続き: 569文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。