スターは楽し サシャ・バロン・コーエン|芝山幹郎
見出し画像

スターは楽し サシャ・バロン・コーエン|芝山幹郎

スターは楽し_サーシャ・バロン・コーエン:AF Archive_20th Centu_Mary Evans Picture Library_共同通信イメージズ

サシャ・バロン・コーエン
©AF Archive/20th Centu/Mary Evans Picture Library/共同通信イメージズ

世界がのけぞった暴走力

『ボラット』(2006。異様に長い副題は省略する)を初めて見たとき、私は笑い転げた。腹を抱え、身をよじり、試写室の椅子から落ちそうになった。

そのときはさすがに、俺は莫迦じゃないかと思った。椅子から落ちかけることはないだろうと少しだけ反省したら、もっと莫迦な人がいたことが判明した。

正体を明かすと、畏れ多くも、世界一強く世界一美しいと評されるシャーリーズ・セロン様だ。セロンは、『ボラット』を見て何度も激しくのけぞり、頸椎椎間板ヘルニアを発症して5日間の入院加療を余儀なくされたらしい。手術は受けずにすんだようだが。

ボラット・サグディエフ(サシャ・バロン・コーエン)は、カザフスタンのTVリポーターだ。故郷の村(ルーマニアに実在する村で撮影され、あとで訴えられた)は度外れに貧しく、信じがたいほど不潔で、限りなく粗野だ。

政府の指令を受けたボラットは、そんな村を発ってアメリカ合衆国(US&Aと思い込んでいる)へと向かう。かの地の文化を学習し、故国カザフスタンにその成果を持ち帰るのが目的だ。同行するのはTVプロデューサーのアザマット(ケン・デイヴィシャン)。

ただし、ボラットは大莫迦者だ。性欲が極端に強く、ユダヤ人を恐れ、女性を蔑視し、ゲイを毛嫌いしている。おや、アメリカにも、そんな男が大勢いそうだ。これは一体、どんな摩擦が起こるのか。

この続きをみるには

この続き: 1,690文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。