文藝春秋digital
湯川秀樹 素粒子物理学の開祖 佐藤文隆 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

湯川秀樹 素粒子物理学の開祖 佐藤文隆 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
日本人初のノーベル賞受賞者である湯川秀樹(1907~1981)は、物理学の研究者にとどまらず真の「学者」であった。湯川の「追っかけ」を自認する宇宙物理学者・佐藤文隆京都大学名誉教授が語る。/文・佐藤文隆(宇宙物理学者)

語り部・佐藤文隆

佐藤氏

湯川秀樹を「素粒子物理学に貢献した」と書く人がいるのですが、それは間違いです。湯川は素粒子物理学の「開祖」です。彼の「中間子理論」は後に修正されましたが、それが突破口になり素粒子物理学が始まった。欧米でもガリレオやアインシュタインに並び称される偉大な物理学者であることを、日本人はもっと認識していいと思います。

しかし、物理学だけで湯川の全体を語ることはできません。子どもの頃、祖父から漢籍の素読を指導されただけあって、専門だけに特化した「研究者」ではなく、文系的な知識にも優れた「学者」でした。私も湯川に憧れて、山形から京都に出てきて、京大基礎物理学研究所の所長にもなったのですが、湯川はとても奥深く、人物として理解するには相当の教養が必要でした。湯川が「知楽魚」という荘子の言葉を好んで色紙に書いていると知って、荘子の本を買いに走ったこともあります。

湯川秀樹

湯川秀樹

この続きをみるには

この続き: 363文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。