原田マハさんの「今月の必読書」…『扉はひらく いくたびも 時代の証言者』
見出し画像

原田マハさんの「今月の必読書」…『扉はひらく いくたびも 時代の証言者』


希代の漫画家が語る名作誕生の秘話

現在、作家として活動している私を構成した「原材料」となったものはなんだったか、と時折思うことがある。多感な少女だった頃から大人の入り口に立った20代前半まで、私がもっとも深く影響を与えられた純文学——『風と木の詩(うた)』である。

実はこの作品、マンガなのだが、それでもやはり、マンガという形式を借りた純文学であると言い張りたい。19世紀フランスの男子校を舞台に、ふたりの美少年の愛と葛藤を描いた物語で、1976年から84年まで「週刊少女コミック」で連載された。私は14歳から22歳までの8年間、好奇心のかたまりであり、なんの根拠もなく「自分はほかの人とは違う」と密かに信じる元祖「中二病」だった。その私の空想の翼を、この作品がどれほど伸びのびと広げてくれたことか。自慢じゃないが、ほぼ全編のプロットとコマ割りとセリフまでいまでも誦んじられるほど、この作品は我が血肉となっている。

BL(ボーイズラブ)という言葉がもはや一般的になってしまった現在では想像しにくいことだが、いまから40年まえ、昭和まっただ中の日本で、少年愛を描くマンガの登場がどれほど衝撃的だったか筆舌に尽くしがたい。しかも、少年同士の性交ばかりでなく、背徳、近親相姦、不倫、暴行、DV、売春、麻薬中毒などなど、親御さんが見たら卒倒しそうな内容が全編に散りばめられている。当時、マンガといえば少年少女が読むもの。行き過ぎた表現はあってはならぬ。それでもこの作品には一切妥協がないことを、読者の少女たちはわかっていた。だからこそ8年にもわたる連載がかなったのだ。

この続きをみるには

この続き: 666文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。