新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

藤崎一郎「まだ間に合う」

文藝春秋digital
文・藤崎一郎(元駐米大使)

コロナ禍が少し下火になって外国でのシンポジウムや講演に行く機会がふえてきた。半年間で2回ワシントンDCにでかけた。

米国での講演は楽しい。へたなジョークでも誰もサブッとか凍るなどとくささずに笑ってくれる。1時間のうち、話すのは20分間で、40分間は質疑応答にしてくださいと言われる。話し終わるとわれがちに手があがる。議論に参加して対話するのを楽しみに来ている人が多い。

人の講演を聞いて何を質問しようかと考えると頭が活性化する。私のような老輩でも発言しようとすると自分のさびついた脳細胞がギシギシときしみながら動きだすのがわかる。

日本ではなかなかこうはいかない。1時間あると少なくとも50分間は話してくださいと言われる。司会者からおそらく聴衆の質問はないので、その場合には私が質問しますと耳打ちされることもある。ラジオでもないのに聴衆と呼ぶのは失礼な話だが、おおぜいの前で質問するのをちゅうちょする人が多いのは事実だ。大学の講義で教授が1時間半も話しつづけ、学生はひたすらノートをとるよう長い間、習慣づけられてきた。指定された書物をあらかじめ読んでおき、授業時間中は意見を述べたり質問したりして競い合う米国型と対照的だ。

大学だけではない。会社の取締役会でも団体の理事会や評議員会でも、事務局スタッフがぶあつい細かい数字の資料を長々と説明する。質問もほとんどなく、議事は「異議なし」という声でたんたんと進行する。こうした段どりをのみこまず、不規則に発言をすると空気を読まない人と思われる。公けの場ではよけいなことは言わず、気配を消して、儀式をしゅくしゅくと行うのが日本のしきたりになってしまった。「物言う人」の役割は外国人まかせで本当にいいのだろうか。

この続きをみるには

この続き: 902文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。