樋口一葉 弱者はどう生きるか 伊藤比呂美 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

樋口一葉 弱者はどう生きるか 伊藤比呂美 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
女流作家の地位を確立し、5000円札でも知られる樋口一葉(1872~1896)。「にごりえ」や「たけくらべ」などを訳し、現代に甦らせた伊藤比呂美氏が読み解く。/文・伊藤比呂美(詩人)

樋口一葉。ものすごく読みにくいと思っていました。文語体でタイトルもわかりにくく、藤村の「破戒」や花袋の「蒲団」より前の自然主義や私小説より前の作り話の世界、一葉本人のことなんか関係ない。そう思っていたのに、読んでみたらとんでもなかった。

なんと、読めば読むほど、一葉自身を小説の中に見つけることができるのです。私は探偵みたいに一葉探しに没頭した結果、「にごりえ」のお力の中に一葉その人を見つけました。「たけくらべ」の美登利や信如や正太郎の中にも見つけました。

かれらが感じている不安や絶望、寂しさやいたたまれなさ、ここは自分の場所じゃないと感じる生きにくさ。古い文語の中で、ざらざらとした人の心の動きだけが、あまりにも生々しい。これは一葉本人が経験したに違いない心の動きだと確信したのでした。

樋口一葉

樋口一葉

この続きをみるには

この続き: 380文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。