「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

クイズ私は誰でしょう(古館伊知郎)

文藝春秋digital

乳幼児

【ヒント】
絶妙なキャッチコピー力と実況で唯一無二の語り手といえば?

小さい頃は「おとなしい」と言われていた。

「父は早稲田の雄弁会出身。母と姉は、いつもケンカしていると近所の人が勘違いしていたほどの、速射砲のようなおしゃべり。家族でいると口をはさむ間がなく、自分は無口だと思いこんでいたんです」

 そんな中、“徐々に内圧が高まって”、花開いたのが大学時代。

「大学野球部の応援で、負けていても、勝っているような実況を勝手にしてたら、友達が『しゃべりがうまいからアナウンサーになれば』と。それで人生が決まりました」

その後の活躍はご存じの通り。「古館節」と言われたプロレスやF1の実況中継から、バラエティ、報道番組まで、すべてで一時代を築いた。現在は自身のYouTubeチャンネルも開設し、登録者は約18万人に。

「YouTubeではウクライナ問題について話したり、芸能人やプロレスラーの方を呼んで話を聞いたり……。それぞれの時期にやってきた仕事がすべて今につながっています」

この続きをみるには

この続き: 626文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。