見出し画像

武田徹の新書時評 中国の強さと危うさ

文藝春秋digital
評論家・専修大学教授の武田徹さんが、オススメの新書3冊を紹介します。

中国の強さと危うさ

清末の変法自強運動を率いた歴史家・梁啓超は祖国に名前がないことを嘆いていたという。確かに「夏」「漢」「唐」などは王朝名だし、「震旦」「支那」は外国での通称だ。結局、梁は逡巡しつつも自らの論考を「中国史叙論」と名付けたし、彼の祖国はやがて中華民国、中華人民共和国と名乗ることになるが、「中華」「中国」が本来は国名ではなく、「世界の中心」を意味する言葉だったことに留意してみる必要もありそうだ。

この続きをみるには

この続き: 1,036文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。