新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ピンチはチャンス|川内優輝

文・川内優輝(プロランナー)

2020年春。緊急事態宣言が発令された。「ステイホーム」の呼びかけにより、街から人が減り、陸上競技場は閉鎖された。公務員のまま走っていたならば、異様な社会の雰囲気の中で走れなくなっていたかもしれない。しかしプロランナーにとって走ることは仕事。緊急事態宣言下でも出勤していた人達と同様に「仕事を辞めるわけにはいかない」という理屈が成り立った。とはいえ、普通に街中で行なっていたランニングも人目を避けて、時間や場所を選んで行わざるを得なくなった。広い河川敷でのゆっくり長く走る練習が中心となった。

市民ランナーの頃から「レースは最高の練習」という考えの下で、毎週のように国内外に遠征していた。さらなる自分自身の可能性を求め、公務員の職を辞して決断したプロ転向以降は、講演やイベントでも日本中を飛び回るようになっていた。競技面でなかなか結果が出ないことが心に引っ掛かりながらも、マラソン中心の遠征・出張生活は非常に充実していた。しかし、その生活はコロナ禍によって一変した。数か月先まで決まっていたレースも講演もイベントも全て中止や延期となったのだ。結果として、練習以外ではほぼ自宅から出なくなり、それまでの生活とは一転して、公共交通機関も自家用車も全く利用しない引きこもり生活が数か月間続くこととなった。

6月中旬に県境をまたぐ移動が解禁されてからは、それまで自宅近辺に閉じ込められていた鬱憤を晴らすように涼しい高地や北海道での長期合宿を繰り返した。ほぼ全てのスケジュールが白紙となったため、6月下旬から9月中旬までほぼ合宿を入れることができたのだ。緊急事態宣言時とは一転して、ほとんど自宅に戻らない生活となった。合宿先で大自然の中を走っていると、都市部で人の目を気にしながら走っていた数か月間に積もり積もった閉塞感が解き放たれていくようだった。

この続きをみるには

この続き: 945文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。