文藝春秋digital
ベストセラー翻訳家「売れる翻訳の作法」土方奈美
見出し画像

ベストセラー翻訳家「売れる翻訳の作法」土方奈美

文藝春秋digital
文・土方奈美(翻訳家)

『2030年 すべてが「加速」する世界に備えよ』『NO RULESノー・ルールズ 世界一「自由」な会社、NETFLIX』などヒット作に恵まれ、最近「ベストセラー翻訳家」などと持ち上げられることが増えた。翻訳という仕事は人のふんどしで相撲をとるようなところがあり、いつもばつの悪い思いをする。

ただお粗末な原書が翻訳によって名著に化けることはなくても、お粗末な翻訳で名著が駄作になることはいくらでもあるので、原著者の足を引っ張らないように心がけている。

書籍の翻訳者なら英語の原書が読めるのは当たり前。絶対的な差がつくのは日本語力だ。ビジネス書の翻訳で私に強みがあるとすれば、日本経済新聞の記者時代に身につけた記事を書く技術だろう。大切な心得は2つある。

1つは相手の言葉ではなく意図をくみ取ること。新聞記事の文字数は限られており、長めのインタビューでも語り手の言葉を一字一句は載せられない。相手の言わんとしたことを過不足なく、その人らしい言い回しは残しつつ、話し言葉を少し品のある書き言葉に置き換えていく。

書籍の翻訳に文字数の制約はないが、英単語をそのまま日本語に置き換えても商品にはならない。経営思想家ジム・コリンズ氏の最新作『ビジョナリー・カンパニーZERO』には、リーダーシップの定義を語るくだりで「it's not a science; it's an art.」という表現があった。アメリカの作家が好んで使う対語で、すなおに訳せば「リーダーシップは科学ではない、芸術だ」になる。ただ芸術とすると選ばれし者の特別な活動のようで、それは著者の意図とは異なる。ここでは「リーダーシップとは万人に共通の原理ではなく、個人が創意工夫しながら身につけるもの」と伝えようとしていると判断し、次の訳を付けた。「リーダーシップとはサイエンス(理屈)ではなく、アート(技能)だ」。

2つめの心得は、こむずかしい言葉を使わないことだ。記者時代、優れた経営者は難解な言葉を使わず、誰にでも理解できるように話すものだと知った。語彙で優秀さを誇示する必要を感じないのだろう。

たとえばアサヒビール中興の祖と呼ばれた樋口廣太郎氏を、浅草の本社で取材した帰り際。応接室の出口まで私を見送りながら樋口氏はこう言った。

「あなたね、短い記事を書いて満足していたらいけない。本を書きなさい」

この続きをみるには

この続き: 713文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。