見出し画像

同級生交歓|福岡県立小倉高校 昭和49年卒

【トビラ】

東京都杉並区 ベリエスタジオにて(撮影・杉山秀樹)

(右から)
TF-METAL前社長
岩石徹

日本製紙連合会理事長
小川恒弘

翻訳家兼ナチュラルトランペット奏者
中村孝志

我々は福岡県立小倉高校1974年卒の吹奏楽部の3人組。3人とも大学時代は各々の大学オーケストラに所属した。

トランペットの中村は、投資顧問会社等に勤務後、金管古楽器を専門に音楽活動や翻訳等を行っている。高校でトロンボーン、大学ではトランペットの岩石は、まとめ役。大手自動車会社を経て、自動車部品会社の社長を務めた。高校でクラリネット、大学でコントラバスの小川は、中央省庁に勤務後、現在は業界団体の理事長の役職にある。

今は3人で演奏することはないが、都合をつけては旧東海道を日本橋から歩きつなぐ珍道中を続けている。音楽に例えれば、極めてスロー・テンポで、やっと今クライマックスの鈴鹿峠を登ろうとするところ。京都三条大橋の最後の一小節まで、元気で演奏し終わるのが3人の目標だ。(小川)

(2020年10月号)

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。