「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

プーチンと習近平の「新ヤルタ体制」《緊急特集ウクライナ戦争②》古川英治(在ウクライナジャーナリスト)

文藝春秋digital
武力の信奉者たちが狙う世界秩序の変更——日本を含む民主主義陣営はどう対抗すべきか?/文・古川英治(在ウクライナジャーナリスト)

ロシア政府に近い関係者からのメッセージ

2月23日午後9時過ぎ。ウクライナの首都キーウに住む筆者のもとに、長年の取材先であるロシア政府に近い関係者から、メッセージが届いた。

「キエフ(キーウ)を脱出するなら、今夜しかない」

それはこんな内容だった。

——北、東、南からウクライナを取り囲んだ約20万人のロシア軍がおそらく明日、全面的な侵攻を開始する。3~4日で首都キーウを包囲し、内側からも破壊工作を仕掛ける。狙いはウォロディミル・ゼレンスキー政権を転覆させ、傀儡政権を樹立することだ。

首都では精度の高い巡航ミサイル攻撃で軍の拠点、政府機関などを無力化するだろう。空爆による都市破壊や戦車を侵攻させる市街戦は想定していない。特殊部隊を侵入させてネット・通信網、電力の供給を遮断し、混乱を煽って包囲戦を展開する——そんな細かなシナリオまで、その人物は指摘した。

「包囲されてライフラインが切られれば、都市は長くはもたない。政権はすぐに降伏するはずだ。市民が抵抗しても簡単に制圧できる。大半は占領軍に従うだろう」

この予言の通り、ロシア軍は翌24日午前5時、ウクライナ各地へのミサイル攻撃を開始し、首都でも爆発音が響いた。数千の迫撃砲、戦車、戦闘機、80隻の戦艦を擁するロシア軍部隊は圧倒的な軍事力で襲いかかった。ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは「1945年以来(第2次世界大戦後)、最大規模の戦争」(イギリス首相ボリス・ジョンソン)を始めたのだ。

この続きをみるには

この続き: 8,230文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。