新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

朝乃山 大相撲新風録20 元大関が“新風”を巻き起こせるか 佐藤祥子

文藝春秋digital

大相撲新風録

朝乃山(あさのやま、富山県富山市出身、高砂部屋、28歳)

元大関が“新風”を巻き起こせるか

はたして“新風”との言葉はふさわしいものだろうか――。元大関の朝乃山が、先の七月名古屋場所で土俵に復帰した。三段目二十二枚目と、番付を大きく落としての再出発だった。色鮮やかな締め込みを黒い稽古まわしに替え、観客もまばらななか土俵に上がった元大関は、「またこうして土俵に上がれることに感謝したい」と殊勝な言葉を口にした。その実力から当然のごとく7戦全勝優勝を果たしたのだが、安堵の表情は垣間見えたものの、その顔に笑みはなかった。

コロナ禍のなか、日本相撲協会の定めた感染対策ガイドラインに違反し、約1年、6場所にわたっての出場停止という厳しい処分を受けていた朝乃山。思い起こせば、未知の新型コロナウイルスが出現し、混乱のさなかだった2020年3月。無観客開催された大阪場所で、大関昇進を決めたのが朝乃山だった。新大関としてお披露目となる春巡業も、続く5月の夏場所も中止となり、昇進パーティや関連行事も軒並み延期。大関としての“自覚”を持つ機会もなかったとは言えそうだ。しかし、厳しい行動制限が課されていた相撲界の看板大関による掟破り――不祥事の代償は大きかった。それまで「横綱太刀山以来、111年ぶりの大関誕生」と朝乃山旋風が巻き起こっていた故郷の富山県。処分が下された直後、故郷に住む祖父が他界する。さらに追い討ちをかけるかのように、8月、地元で謝罪に駆け回っていた実父が急逝する。謹慎中の朝乃山に、土俵の神様は非情なまでに試練を与えたのだった。「さすがに昨年じゅうは意気消沈し『心ここにあらず』の日々もあった」と師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)が述懐する。

この続きをみるには

この続き: 222文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!