壊れものにつきとりあつかい注意|塩野七生「日本人へ」
見出し画像

壊れものにつきとりあつかい注意|塩野七生「日本人へ」

文・塩野七生(作家・在イタリア)

民主政(デモクラシー)とは、民主主義者を自認する人々によって壊されるもの、という想いをかみしめている今日この頃である。

第1は、私が住んでいるイタリアの現政府の、2年にわたっての迷走を見ながら。

第2は、そのイタリアも一員のEU全体の無機能を眺めながら。

古代ギリシアを書いた『ギリシア人の物語』の第1巻のサブタイトルは「民主政のはじまり」で、2巻目は「民主政の成熟と崩壊」としたのは、デモクラシーは古代のギリシアのアテネで生れ成熟し、そして死んだからである。あれを書いていた当時の私の頭は、シロウトもよいところの素朴な疑問で占められていたのだった。なぜペリクレスが生きていた時代のアテネでは民主政(デモクラツイア)が機能していたのに、彼が死んだとたんに衆愚政(デマゴジア)に突入してしまったのか。衆愚とは民衆が愚かということだからこの頃では使わない表現だそうで、代わりに「ポピュリズム」というらしい。しかし、表現は変えても、なぜ、には答えてくれていない。ペリクレスがたぐいまれな政治家であったのはもはや定説だが、その彼が死んだとたんにアテネ市民が愚か者に一変したということはありえないのだから。カリスマ性と言って済ますほどは人が良くない私は、機能と不機能を分ける要因は、政治担当者の資質と同じ程度に、政治システムの構築のしかたにもあるのではないかと考えた。

アテネの政治制度は、市民一人一人の票で決まる直接民主政。しかも選挙は年に1度行われるので、政治家は年に1度選挙の洗礼を受けることになる。その制度下でペリクレスは連続当選をつづける。今ならば開票が始まるや「当確」と出るのを、30年以上にわたってつづけたのである。そのうえ、彼が当選をつづけた「ストラテゴス」とは、ストラテジーを考え、その実行の際に国全体をリードしていく人の意味だから、国政の最高指導者。とは言っても「ストラテゴス」は彼一人ではなく、10の選挙区から選ばれた10人。ゆえに当選直後に成されるのは、政見が一致しているとはかぎらないこの10人の間での意見の一致、つまり今ならば「閣内一致」になる。

この続きをみるには

この続き: 1,214文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。