松本清張 汗まみれで働く者へ 宮田毬栄 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

松本清張 汗まみれで働く者へ 宮田毬栄 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
『点と線』『砂の器』などの作品で知られる大作家・松本清張(1909~1992)。元編集者の宮田毬栄氏が彼に伴走した日々を語る。/文・宮田毬栄(文筆家)

語り部・宮田毬栄

宮田氏

松本清張氏が亡くなられて間もなく30年。41歳の遅い出発から82歳の死まで純文学、ミステリー、近現代史、伝記にいたる作品群は約1000篇。全力疾走した作家の巨大な実像には未だ行きついていない。

昭和34年、中央公論社に入社した私が最初に担当した作家が松本清張であった。10月に創刊される「週刊コウロン」連載の長篇推理「黒い福音」の担当に新人の私が起用されたのだ。題材は3月に起きたスチュワーデス殺し事件。容疑者がカトリック教会の神父という前代未聞の事件が関心を集めた。

清張さんとの教会周辺での取材は3回ほど。あとは自分の力で取材し記録するしかなかった。清張さんに「取材原稿がおもしろい」と言われた時の喜びは格別だった。単行本になった『黒い福音』の見返しに、清張さんは「この本の共同取材者」と書いて贈ってくださった。

松本清張

松本清張

この続きをみるには

この続き: 406文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。