森功さんの無料連載が始まりました!
森功

森功さんの無料連載が始まりました!

 本日、文藝春秋digitalオリジナル無料連載で、骨太なコラムが始まりました。

 筆者は、ノンフィクション作家の森功さん。連載タイトルは「新・現代官僚論」です。

 森功さんは、「週刊新潮」編集部などを経て、2003年からフリーランスのノンフィクション作家として活動されています。

『許永中 日本の闇を背負い続けた男』(2008)、『同和と銀行 三菱東京UFJ銀行“汚れ役”の黒い回顧録』(2009)、『腐った翼 JAL消滅への60年』(2010)、『泥のカネ 裏金王・水谷功と権力者の饗宴』(2011)など、経済事件やアンダーグラウンドな世界に深く食い込み、その内実を暴いてきた実力派の書き手です。

 近年では、『総理の影――菅義偉の正体』(2016)、『悪だくみ「加計学園」の悲願を叶えた総理の欺瞞』(2017)、『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』(2019)など、政治に関連する著作も多く発表されています。

 森さんが今回挑むのは、「現代の官僚とは何なのか?」というテーマです。

 1963年、作家の松本清張が『現代官僚論』という本を書きました。

 あれから56年。今、最も影響力のあるノンフィクション作家のひとりである森さんが、『官邸官僚 安倍一強を支えた側近政治の罪』で、霞が関の常識を覆す“新型官僚”を書いた経験を活かし、それからさらに一歩踏み込んだ「官僚論」を書いていきます。

 連載は隔週火曜日に掲載します。皆さん、ご期待ください!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。