北一輝 西洋を打倒するために 片山杜秀 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

北一輝 西洋を打倒するために 片山杜秀 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
国家社会主義者の北一輝(1883~1937)が著した『日本改造法案大綱』は戦前右翼のバイブルとなった。その影響力を政治思想史研究者の片山杜秀氏が分析する。/文・片山杜秀(政治学者)

語り部・片山杜秀

片山杜秀

100年前の1921年9月28日、社会運動家、朝日平吾が、大資本家、安田善次郎を暗殺し、その場で自殺した。遺書には北一輝の『日本改造法案大綱』の影響がみられる。この事件が昭和の血盟団事件や五・一五事件へとつながり、1936年の二・二六事件に至る。失敗したクーデターだが、首謀グループには磯部浅一ら、北の信奉者が含まれていた。

この100年前から85年前までを北一輝時代と呼べるかと思う。北の蒔いた右翼暴力革命の種が膨れ上がって弾けた15年間なのだから。北は、天皇の下で国民を平準化させ一枚岩にしようとする、一種の国家社会主義を唱えた。『日本改造法案大綱』は華族制度の廃止や私有財産の制限を謳う。明治国家体制は天皇制と資本主義の二本柱で出来ている。北は、天皇を称えつつも意味付けを変えようとし、自由経済にも触ろうとしたから、その存在は早くから警戒された。北は二・二六事件に直接には関わらなかったのだが、思想的親玉として連座させられ、処刑された。

北一輝

北一輝

この続きをみるには

この続き: 329文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。