文化大革命で見た姿 毛丹青
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

文化大革命で見た姿 毛丹青

文藝春秋digital
著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、毛丹青さん(作家・神戸国際大学教授)です。

文化大革命で見た姿

2020年4月8日、北京に住む母、劉志琴が病気のため死去した。その頃、新型コロナの世界的な感染拡大が始まり、日本と中国を結ぶ飛行機や客船は全面停止に。私は中国に渡れず、母の最期を看取ることが出来なかった。

最後の会話は亡くなる2週間前。携帯電話のテレビ通話を通してのものだった。通話の最後に、母は私に「你好、我就放心了」と。あなたが元気なら、私は安心です。それが、最後に聞いた母の言葉となった。

母は明の時代が専門の歴史家だった。その道の第一人者と言っていい。実は母が亡くなるまで、私はその功績を詳しくは知らなかった。母の死を多くの中国メディアが取り上げたことで、初めて、学者としての人物像を見た気がする。

中国は言論統制が厳しい国だが、母の研究対象だった明の時代は、特にタブーが多かった。あの時代は、中国で資本主義システムが形成され始めた頃。明研究は現代へのメタファーのようで、非常にセンシティブなものだったのだ。そのような中で母は、「歴史は真実を語るべきだ」と常々言っていたらしい。当局に都合が良いように語るべきではない、と。同時に、タブーに立ち向かう若い研究者を熱心に指導し、絶え間なく励ましていた。非常に芯のある、反骨精神を持つ学者だった。

この続きをみるには

この続き: 371文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。