見出し画像

近藤サト「抹香臭くなくてエエ」父は我が家の氏神になった

文藝春秋digital
著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、近藤サトさん(フリーアナウンサー)です。

我が家の氏神

現在、父は我が家の氏神である。子供の頃から病弱だった父は66歳で早々に家族を守る神になった。と言って父は神職というわけでもなく、別段信心深くもなかった。ただ暗く落ち込むようなことが苦手で「神道の葬式は祭祀やで祭りやろぅ。陰気やなくてええ!」と豊年満作の祭りと一緒くたにして笑っていた。

その程度の信仰心のまま、父は神式の自らの葬儀を迎え、私の感覚では棚ぼた式に神となった。ちなみに当時は9割以上の葬儀が仏式だったため、案の定、父の神葬祭に参列してくださった人たちは数珠を握りしめて来られた。しかし神主さんを認めるや、ハッと数珠を引っ込め、ぎこちなく榊を持ち、見様見真似で玉串奉奠を行った。ただし御霊前として置いて行かれたのは線香だった。

この続きをみるには

この続き: 634文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!