野菜が美味しいレストラン
見出し画像

野菜が美味しいレストラン

食のジャンルの多様化とともに、日本ではまだ珍しい海外の野菜や個性的な野菜を栽培する生産者が増えて、料理の世界を広げている。そんな生産者とシェフたちの美味しい関係をご紹介しよう。/文・齊藤素子、写真・佐藤亘

※記事の表示価格にはサービス料など別途かかる場合があります

Arva (アルヴァ)、北山農園

アルヴァ カマス

カマスを巻いて低温で蒸した黄色ズッキーニに、帆立のムース入り花ズッキーニと美味が満載。野菜のバリエーションを魅せる、リストランテ「アルヴァ」のひと皿。6,325円

ヴェネツィアでの13年を含む17年間、イタリアで経験を積んだ平木正和さんが帰国したのは約5年前。「アルヴァ」のシェフに就任し、イタリア伝統の料理を紹介したいと考えたが早々に壁にぶつかる。南北に細長いイタリアでは野菜が豊富で、ホワイトアスパラガスやアーティチョークといった季節の野菜に、トマトやバジリコなど味の要となる野菜も多用される。しかし日本ではどれも調達が難しく、味も薄く感じられた。

その窮地を救ってくれたのが静岡の北山農園だ。自然のままに育てる有機栽培の野菜をはじめ、希少な野菜など栽培する。

「どれも生命力に溢れてイタリア野菜のように力強い。根を張る姿を見ると愛おしくて料理のイメージが湧いてきます」

フェンネルの花やヤブガラシの葉や花、カンゾウの蕾、キクイモの根……。野菜を育てる平垣正明さんから説明を聞き、味見しながら畑を巡る。農園へ足を運べば新たな発見も多い。紫の花をつけた野菜を見つけ、

「これボラージネですね! 北のリグーリアで葉を炒めてリコッタと和えてラビオリに詰めたり、揚げたりしていました」

北山農園から届く野菜は初めて見るものも多く、毎回ワクワクして楽しいと平木シェフ。店名のアルヴァはラテン語で“収穫”の意。生産者と繋がり、幅が広がったという彼の料理には収穫の喜びが溢れている。

譛ャ隱鯉シ呎怦蜿キ縲檎セ主袖驥手除繝ャ繧ケ繝医Λ繝ウ縲榊ョ溽判蜒・_WIW4811

Arva アルヴァ
2018年のオープン以来、全国50カ所以上の生産者を訪ね、食材と向き合いその魅力を存分に引き出すイタリア料理を探求し続けている平木正和シェフ。食材を深く知ることで生まれた柔軟性と豊かなイメージで生み出される料理は、革新的でどこか懐かしく、魅了されるファンが多い。

東京都千代田区大手町1-5-6-33F アマン東京内
☎03-5224-3339 定休日:火曜、水曜
北山農園
土壌や空気、水に恵まれた富士山麓で、元カメラマンの平垣正明さんが妻・紀子さんと2人で営む小さなオーガニックファーム。主にシェフ向けに、野菜のさまざまな魅力や楽しみ方を提案し、絶大な支持を得ている。現在は、約200種類の野菜やハーブを栽培。

野菜と真摯に向き合った洗練の料理 ARMANI/RISTORANTE)アルマーニ / リストランテ)

カルミネ・アマランテシェフは伝統的なイタリア料理に着想を得ながら、想定外の料理を創り出す。日本の食材を深く理解し、形が不揃いで廃棄予定の野菜も情熱を持って調理。ロスフードの大根にサフランクリームを封じ込め、大根の新たな美味しさを見出した。

この続きをみるには

この続き: 1,492文字 / 画像9枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。