見出し画像

太田和彦 76歳、酒とのつきあい

文藝春秋digital
文・太田和彦(デザイナー・作家)

年齢40のころから日本中の居酒屋めぐりを始めた。

四方を海に囲まれ、山国でもある日本は、産物も郷土食もまことに豊かで、各地どこにもそれに合う地酒があり、幕藩制の歴史は多様な県民性、気質を作った。そのすべてが見えるのが地方の古い居酒屋だと気づいてきた。

定まった手法は地元の人が通う古い名物居酒屋を見つけること。そこで地酒を頼み、お通しで一杯やりながら、客の多くが注文している品を見つける。それは必ず安くてうまくて飽きない。知らない魚があれば店主と話すきっかけになる。そして客の会話に耳を傾ける。「旅に出て土地の居酒屋に入る」のは民俗学かもしれないと考えながら。

全国をまわるうち、居酒屋の客はみな幸福な顔をしていると思うようになった。

好きな酒を飲んでいるから当たり前かもしれないが、人の世だから失敗も、理不尽も、後悔もある。それでも少し酒がまわってくると「しかしこうして一杯飲めてるんだから、まあいい方だ」と今の自分を肯定する気持ちになってくる。これだ。

日が暮れれば、日本中どこの町もその時間が始まっていた。人は1日の終わりを幸福感で閉じたい。飲めない女性にも居酒屋好きはいて、そのわけを「みんな楽しそうなのがいい」と答えた。

そんなことを何冊もの本に書き、テレビの居酒屋探訪番組も10年以上続いているが、まことにその奥は深い。

この続きをみるには

この続き: 1,149文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!