片山杜秀さんの「今月の必読書」…『書き取りシステム1800・1900』
見出し画像

片山杜秀さんの「今月の必読書」…『書き取りシステム1800・1900』

分裂したロゴスの中に読み解く近代の病理

「はじめにロゴスありき」。『新約聖書』の「ヨハネによる福音書」の冒頭である。古典ギリシア語のロゴスをドイツ語で何と訳すか。ゲーテの戯曲『ファウスト』でファウスト博士は苦悩する。ロゴスと言えば普通は論理と訳すかもしれない。論理は必ず言葉で表現されるから、論理的な言葉と訳した方が丁寧とも言える。でも、それではもの足らない。だって福音書なのだから。

キリストの言葉、即ち福音は、十分に論理的でもあるが、決して冷たく形式的ではない。愛に満ちている。信仰をもたらす熱と力のある言葉だ。キリストの生身の声が、あたかもフリーズドライ製法のインスタント味噌汁にお湯を注いだときのように、文字から生き生きと蘇ってくるのが福音書という書物だろう。

ならば「ヨハネによる福音書」の肝であるロゴスという一語は、論理や論理的言葉とも訳せるけれど、キリストが信者に愛を感じさせる超論理的な力や行為や実践というふうに、まるで正反対に訳せもするだろう。ファウストは試行錯誤する。

著者は『ファウスト』のこのくだりに注目する。古典ギリシア語をうまく訳せない。どうしても分裂してしまう。ここにこそ近代文化の病理の根本を見つけたり!

この続きをみるには

この続き: 892文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。