霞が関コンフィデンシャル〈官界インサイドレポート〉
見出し画像

霞が関コンフィデンシャル〈官界インサイドレポート〉

日本を動かすエリートたちの街、東京・霞が関。日々、官公庁を取材する記者たちが官僚の人事情報をどこよりも早くお届けする。

★同期争いの果てに

財務省の太田充事務次官(昭和58年、旧大蔵省入省)の退任に伴い、矢野康治主計局長(60年)の次官昇格が決まった。早くから「次の次の次官」が確実視されていた茶谷栄治官房長(61年)は主計局長、大臣官房長には安倍晋三前首相の秘書官(事務)を務め「切れ者」で知られる新川浩嗣官房総括審議官(62年)が昇格した。ここまでは大方の想定通りの人事だった。

最後まで決まらなかったのが総括審議官。下馬評では、主計局エースの宇波弘貴次席次長(平成元年)が有力視されていた。ところが、同期の小野平八郎主税局審議官を強力に推す声が多く、麻生太郎財務大臣、前・現次官を含めた人事当局者は、どちらを起用するか頭を痛めていた。

官房総合政策課長、主計局次長として、宇波氏は財務省の最重要課題である社会保障政策を担ってきた。

一方、主税畑エースの小野氏は、財務次官経験者の香川俊介主計局長(昭和54年=故人)、岡本薫明次席次長(58年)時代に主計官(公共事業総括係担当)に抜擢されたことがある。永田町対策を受けもつ総括審議官向きであるとの評価がある。つまり茶谷主計局長は宇波氏を残したい、新川官房長は小野氏が欲しいとの構図だ。

宇波、小野両氏につづくエース級は、1月に菅義偉首相の指名で首相政務秘書官に一本釣りされた寺岡光博前内閣審議官兼主計官(平成3年)しかいない。

寺岡氏が「裏」の仕切り役として「経済財政運営と改革の基本方針2021」(骨太の方針)をまとめたことで、経産省政権から財務省政権へ完全に移行したといわれる。だが、その実、財務省も人材豊富というわけではないのだ。

画像1

★ドイツスクール出身次官

3年半にわたって外務省トップを務めた秋葉剛男氏(昭和57年)が退任し、森健良事務次官(58年)体制に移行した。政務担当外務審議官からの昇格は順当だが、同期の中では必ずしも最初からトップを走っていたわけではない。決め手となったのは菅首相からの厚い信任だ。

外交と縁の薄かった菅首相が、初めて親しくなった外交官が森氏だった。森氏はドイツ語研修で、駐米大使館でも本流の政治班ではなく経済班長で赴任し、帰国後も最初は経済畑を歩んだ。当時、同期では金杉憲治現インドネシア大使、山﨑和之現ジュネーブ国際機関政府代表部大使がトップを走っていた。2番手グループの気楽さもあってか、森氏は肩の力が抜けた外交官然としない振る舞いだった。

転機は旧知の菅氏が安倍政権で官房長官となったことだ。北米局長からナンバーツーの政務担当外審へと一気に駆け上がり、菅氏の首相就任で次官の座を確実にした。無類のサッカーファンということも、スポーツ好きな秋葉氏とウマが合うきっかけとなった。

ドイツ語研修からの次官は村田良平氏(27年)以来。就任のあいさつは「今後の国際環境の変化は戦後の日本が経験したことのない激しさと深さで到来する」。さすがに肩に力は入っていた。

前任の秋葉氏は近く国家安全保障局長に就いて森氏をサポートする。秋葉―森体制は菅官邸での「外務省外交」主導を鮮明にした。

iStock-1201330362 外務省

★東芝シフトの布陣

経産省は安藤久佳事務次官(58年、旧通産省)が退任し、後任には官房長の多田明弘氏(61年)が順当に昇格した。安藤氏が選んだのは「東芝シフト」の布陣だ。

この続きをみるには

この続き: 1,487文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。