見出し画像

コロナ下で読んだ「わたしのベスト3」 本の中を旅する|原田マハ

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、春先に発出された緊急事態宣言下における移動の自粛要請は、作家という肩書きでなければいっそ「旅人」と名乗りたいくらい旅好きの私にとっては痛恨であった。ならば本の中を旅しようと思い立ち、読書に勤しんだ。しかし私はこんな時に旅がテーマの本を選んだりするほど素直ではない。旅の本を読めば出かけたくなるだけだ。ということで、手始めに昔むかし読んだ日本文学の古典を読み返してみることにした。

『お目出たき人』を読みながら、私は何度もひとりで笑い声を立て、「ちょっとなんで!?」と本に向かって呟いてしまった。人と会えないから文庫との対話である。が、文庫相手に思わずリアクションしてしまうほど、本作には110年前の青春のリアリティがあり、今読んでも新鮮で、とてつもなく面白かったのだ。語り手である「自分」が鶴という女に恋をして、勝手に夫婦になる妄想を繰り広げる。結局失恋に終わるのだが、無謀なほど自己中な主人公が最後には可愛く思えてしまう。

『陰翳礼讃』は耽美派として知られる谷崎潤一郎が日本美の真髄を「陰影」に寄せて解いてみせる美学の書である。昭和8年の段階で、西洋化する日本の生活に危機感を覚え、警鐘を鳴らすつもりで書いたのかもしれない。コロナ禍が世界中に蔓延する中にあって、日本は人口過密なのに感染者数が一桁違う。それはなぜなのかと、世界が日本の生活習慣を学ぼうとしたこの1年。その秘密の一端が本書で明らかにされている。

日本文学の古典から打って変わって、まさしく今読むべき一冊として『コロナの時代の僕ら』を選んだ。欧州で感染が拡大し始めた当初、物理学者で作家のパオロ・ジョルダーノがイタリアの新聞に連載した短くも的確なコロナにまつわるエッセイがいち早く本にまとめられ、世界的なベストセラーとなった。率直かつ明快に「コロナ前の時代にもう戻るつもりはない」と。共感したのは私ばかりではあるまい。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
28
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。