父の絵日記|矢部太郎
見出し画像

父の絵日記|矢部太郎

文・矢部太郎(タレント)

「めちゃくちゃの大冒険」。それが僕が6歳の時に生まれてはじめて作った紙芝居のタイトルです。絵も文章も僕が考えました。「めちゃくちゃ」の後に「の」を繋げる。日本語の使い方としても、めちゃくちゃですね。6歳の自由を感じます。

僕の父は絵本・紙芝居作家で、いつも自宅で作業していました。そんな父に教えてもらいながら見よう見まねで描いた記憶があります。作者の表記も、

さく・え やべたろう

きょうりょく・やべみつのりとなっています。

舞台は動物保育園、動物の子供たちがお泊まり保育をしています。晩御飯のカレーを大きな鍋で煮込んで、蓋を開けると……中から怪獣の子供が飛び出してきてみんなびっくり! 逃げ出しそうになりますが、怪獣の子供がこう言います。「おなかすいたよ~」。動物の子供たちも「おなかすいた!」。みんなで仲良くカレーを食べて、めでたし、めでたしとなるお話でした。

40年近く前に作っためちゃくちゃなもののことをなぜこんなに覚えているのかというと、今も父が捨てずに取っておいてくれて僕の手元にあるからなんです。この紙芝居だけでなく、僕が描いた絵や当時作っていた新聞など、ものすごい量のものを捨てずに父は取っておいてくれているんです。

実際のところ、父はとにかくなんでも「捨てない人」なんです。こんまりメソッドで言うと全てに「ときめき」を感じてしまう人なんだと思います。

この続きをみるには

この続き: 1,064文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。