見出し画像

ほどよく離れて|小島慶子

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、小島慶子さん(エッセイスト・タレント)です。

ほどよく離れて

お互いに良くしてあげたいと思っていても、近くにいるとしんどいので、適度に離れている方が良い関係というのがあります。母と私はそれです。占い好きな母に言わせればそれは私が一白水星で母が九紫火星の「正反対の星」だからで、占いに不誠実な私に言わせればそれは母の思い込みが激しくて、他者を持たないからです。

母は11歳の内気で無邪気な少女のまま大人になったような人で、想像と現実の境目がぼんやりしており、ちょっとした偶然や勘違いを運命の啓示のように大袈裟に受け取ったり、妄想に妄想を重ねて唐突に結論を出したりします。目の前にいる人ではなく、いつも自身の脳みそと会話しているので、こちらは置いてきぼりをくらい、埒が明かずにイライラするのです。

親の愛情に飢えて育った母は、自分が愛されたかったように末娘である私に目一杯の愛情を注ぎましたが、上手に愛されたことがない人は上手に愛することもできないもの。今でいう過干渉の状態になり、私は学校で問題行動をとったり、摂食障害になったりしました。

この続きをみるには

この続き: 495文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
3
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。