文藝春秋digital
インフレ地獄を覚悟せよ 1ドル500円もありえる! 元「伝説のトレーダー」が語る最悪のシナリオ 藤巻健史(経済評論家・元参議院議員)
「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

インフレ地獄を覚悟せよ 1ドル500円もありえる! 元「伝説のトレーダー」が語る最悪のシナリオ 藤巻健史(経済評論家・元参議院議員)

文藝春秋digital
1ドル500円もありえる!元「伝説のトレーダー」が語る最悪のシナリオ。/文・藤巻健史(経済評論家・元参議院議員)

参議院で質問する筆者

藤巻氏

中央銀行がお金を刷りすぎた

いま、世界中で深刻なインフレが進んでいます。日本でも食料品や日用品、ガス代・電気代などが値上がりしていることを、皆さん実感しておられるでしょう。

私は5月、アメリカのボストンに滞在しましたが、物価の上昇を肌で感じました。空港で荷物を運ぶカートを借りるだけで6ドル(約764円)もする。アパートメントも数ヶ月前と同じ家賃だと、半分の広さの部屋しか借りられません。

このインフレの原因を「コロナ禍で落ち込んだ需要が回復して、供給が追い付いていないから」「ロシアのウクライナ侵攻によって、穀物や資源が高騰したからだ」と、誤解している人も少なくないようです。

しかし実際は違います。これらも原因の1つではありますが、インフレの根本的な原因は、世界各国の中央銀行がお金を刷りすぎたことです。コロナ禍で危機に陥ったヨーロッパやアメリカは、国民を救うために大規模な財政出動を行いました。その財源の大部分は、中央銀行がお金をバラまくことで賄いました。

お金の量が爆発的に増えたので、その価値が落ちて、逆にモノの値段があがってしまった。これが主たる原因です。なかでもコロナ禍のずっと前から「お金バラまき競争」のトップだった日本は、最も悲惨な状況に陥りつつあります。

私は、2000年に外資系大手の投資銀行であるモルガン銀行(現・JPモルガン・チェース銀行)を退職するまで、20年近くの間、トレーダーとして債券や為替、株式の運用に携わり、その後も世界的な投資家ジョージ・ソロス氏のアドバイザー等をしてきました。

そんな私から見れば、今ほど円の値動きが分かりやすい時期はありません。4月末には20年ぶりに1ドルが130円台に下落しましたが、いずれ1ドル400円~500円の水準までいくと見ています。

しかも残念なことに、この円安や物価高は序章に過ぎません。日本は物価が異次元の段階まで上昇する「ハイパーインフレ」への道を着々と歩んでいるのです。もし、その「Xデー」が来れば、私たちが持つ円は紙くず同然になるでしょう。

皆さん、にわかには信じられないかもしれませんが、なぜ日本にハイパーインフレが起きると言えるのか、それにどう備えれば良いのかについて、順を追ってご説明しましょう。

ハイパーインフレ対策で預金封鎖

戦後の日本では預金封鎖

「禁じ手」を使ってきた日本

日本は「借金大国」なのは多くの方がご存じでしょう。この多額の借金と政府・日銀の施策がハイパーインフレのリスクを高めてきました。

国の借金の深刻度は、対GDP比で判断されます。大雑把にいえば税収は名目GDPに比例するので、借金の割合が名目GDPに比べて大きいほど、その国は税金での借金返済が困難だということです。

今年の3月末時点で、国債と借入金、政府短期証券の残高を合わせた日本国の「借金」は約1241兆円。対GDPで260%超と、世界で断トツに大きい数字です。

他の国をみると、アメリカの借金は対GDP比で132%、ドイツが70%。財政危機に陥ったギリシャ、イタリアでも、それぞれ198%、150%です。日本の数字がいかに深刻か一目瞭然でしょう。

これほどの借金を抱えているのに、日本はどうして今まで財政破綻しなかったのでしょうか。それは日本の中央銀行である日銀が大量に紙幣を刷って、足りない分を穴埋めしてきたからです。専門用語では、これを「財政ファイナンス」といいます。

2013年4月、日銀の黒田東彦総裁は「異次元の金融緩和」、通称「黒田バズーカ」を発動しました。政府が発行する国債を日銀が大量に買い入れることで、政府にお金を渡してきたわけです。

私がトレーダーだった1998年12月末、日銀の国債保有額は52兆円に過ぎませんでした。それが今では526兆円。当時の10倍に膨れ上がっています。

紙幣を好きなだけ刷って使い放題できるなら、それで良いじゃないか、と思われるかもしれません。しかし、財政ファイナンスは禁じ手だというのが世界の共通認識です。なぜなら紙幣を大量に刷れば、お金の価値が下がり、ハイパーインフレが起きる可能性が高まるからです。

画像3

ハイパーインフレで食糧配給所に列が

例えば第一次世界大戦後のドイツ。敗戦で科された莫大な賠償金を支払うため、当時の中央銀行であるライヒスバンクが紙幣を大量に刷った結果、1個250マルクだったパンが1年で3990億マルクに跳ね上がるほどの、凄まじいハイパーインフレが起きてしまいました。世界の国々は、こうした歴史を知っているからこそ、財政ファイナンスを禁止しているのです。

そもそも財政ファイナンスは、財政破綻の先延ばしに過ぎません。本来、国の借金を返すためには、税収を増やすしかない。ところが経済成長が止まった日本に税収の増加は望めませんし、かといって政治家は国民に負担を強いる増税もしたがらない。結局、日本は財政ファイナンスの誘惑に負けてしまいました。

先日、日本の安倍晋三元総理は「日銀は政府の子会社だ」と発言しましたが、まさに政府は日銀を子会社のように使って、財政破綻を先送りしてきたと言えるでしょう。

なぜ円安が進むのか

ここまで説明したように、財政ファイナンスによってハイパーインフレのリスクが高まったのですが、最近の急激な円安ドル高で、ついに「限界点」へ達するかもしれません。

いまの円安ドル高の要因は3つあります。1つ目が、アメリカが6月からお金の回収準備に入るためです。

前述のとおり、コロナ禍以降、アメリカやヨーロッパ諸国も日銀に比べればはるかに小規模とはいえ、日本と同じように財政ファイナンスを行いました。金利を大きく引き下げるとともに、お金をジャブジャブに供給してきたのです。

しかし、それはあくまで一時的なもので、他の国はインフレを抑えるため、お金の回収に入りました。5月にアメリカの中央銀行であるFRB(連邦準備制度理事会)は0.5%の利上げと同時に、6月からのお金の回収を発表。英国中央銀行(BOE)も3月から回収を開始しました。欧州中央銀行は今年夏までにテーパリング(債券購入増加額の縮小)を終える方針です。

一方の日本は、4月に黒田総裁がニューヨークでの講演で「金融緩和を継続する」と宣言。4月の政策決定会合でもそう決めました。ばらまきを継続する以上、市場に出回る円の量は増え続けるわけですから、引き締めを行っているドルに比べて、円の価値が低くなるのは当然です。

2つ目の円安要因は日米の金利差です。FRBは、今後ますます金利を上げてくるでしょう。一方、日銀は「指値オペ」を無制限に実施すると決定するなど、金利を低く抑え続ける意思を明確にしました。日銀が決まった低い利回り(=指値)で国債を買い入れることにより、金利の上昇を防ぐ狙いです。これでは日米の金利差は開くばかりです。

それでは、なぜ日米金利差が円安を生むのでしょうか。理屈はいろいろあるのですが、「キャリートレード」という投資の手法でご説明しましょう。キャリートレードとは、通貨間の金利差を利用して利益を出す手法です。いまの円のような仕入れコスト、すなわち低金利の通貨で金利の高いドルを買い、それを運用することで利益を出す。日米の金利差が開けば、このキャリートレードが盛んに行われます。するとドルの需要が増えるわけですから、円安ドル高が進むことになるのです。

3つ目の円安要因は、日本の経常収支の赤字です。経常収支とは、国際的な貿易やサービス、配当や利子のやりとりなどを合わせた国の収支のことで、日本は昨年末から今年1月にかけて2ヶ月連続の赤字。今後も赤字の常態化が懸念されます。

経常収支が黒字であれば、日本企業は獲得した外貨を円に換えようとするため、円の需要は高まり、円高になります。赤字だとその逆で円安が進むということです。

円安ドル高が進むと、輸入価格が上がり、昨今のインフレにもますます拍車がかかるでしょう。「輸入インフレ」です。ただでさえ世界的なインフレで海外の物価が上昇し、それが日本国内の物価を押し上げています。1ドル100円の時期に100円で買っていた輸入トマトは、円安で1ドルが130円になれば当然、130円で輸入するしかない。

私の長いディーリング人生のなかでも、「日米の金利差」「日本の経常収支の赤字」の2つが、ともに円安方向へなるのは初めてです。

打つ手のない日銀

ここで、こんな疑問を感じる方もいらっしゃると思います。

「円安がインフレの原因なら、それを解消するために、日本もFRBのように金融緩和をやめて、利上げと量的引き締めを実行すればいい。なぜ日銀はしないのか」

この続きをみるには

この続き: 3,936文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。