小津安二郎 上質なユーモア 中井貴惠 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

小津安二郎 上質なユーモア 中井貴惠 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
日本を代表する映画監督、小津安二郎(1903~1963)。俳優、中井貴惠氏がその素顔を綴る。/文・中井貴惠(俳優・エッセイスト)

中井貴恵

中井さん

小津監督は父(佐田啓二)と母の仲人である。この2人の間に長女として誕生した私を監督はとても可愛がってくださった。お酒を召し上がるとたいていご自宅には帰らず我が家にお泊まりになった。宴席では当時はやっていたスーダラ節を必ず一緒に歌い踊ったものだった。ロケ帰りの監督をお迎えに行けば美味しいものを名店でごちそうになり、生まれてからたった6年のお付き合いだったのに様々な思い出が蘇る。

両親は監督を「小津先生」と呼んだ。「先生はほんとに子供が大好きでね。私があなたを叱ったら先生が洗面所でしきりに顔洗ってるから、どうしたんですか? ってきいたらお前は鬼だ、あんな可愛い子をなんで叱るって、涙拭いてるの」。

これは母が何度も私に聞かせてくれたエピソードだ。字が書けるようになった私は先生と文通を始めた。「きえちゃん おりこうにしていますか ぼくもあまりおさけをのまずにおりこうにしています」。「こんどえんそくにつれていってください。スーダラはしませんから」。幼子を相手にハガキからあふれだす独特のユーモア。

小津安二郎

小津安二郎

この続きをみるには

この続き: 333文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。