見出し画像

角田光代さんの「今月の必読書」…『自転しながら公転する』

苦しくてすがすがしい濃厚なリアリティ

本書の主人公は与野都、32歳。東京で暮らしていたが、今は更年期障害の母親を支えるために実家の牛久に戻り、アウトレットモールのアパレル店で働いている。同じモールの飲食店で働く貫一と知り合い、交際がはじまる。貫一は都の名を知り、「貫一おみやって言ったら金色夜叉じゃん」と言い、都を「おみや」と呼ぶようになる。

金色夜叉といえば、宮が婚約者の貫一を捨てて、お金持ちの男性に嫁ぎ、貫一は復讐を誓って冷酷な金貸しになる……という未完の小説。貫一は都の婚約者ではないが、都は貫一という男が結婚にふさわしいかそうでないか悩み続ける。経済的な理由もある。でもそれだけではないのが、令和の貫一おみやである。

都は重度の更年期障害の母を支えなければならないし、でもその母から精神的に逃げていると父からは責められる。次第に貫一の生い立ちの複雑さと意外な一面が見えてきて都を戸惑わせる。職場のアパレル店ではいざこざが絶えない。休みなく動き続ける都を「自転しながら公転してる」と貫一は言うが、その自転公転のなかで都は貫一を見極めなければならない。何かひとつできごとが起こるたび、何かひとつ知らなかったことを知るたび、都は貫一という人間をあらたに発見するが、その都度、彼がどんな人間なのか、わからなくもなっていく。かたや、高校時代からの友人たちは、結婚したり妊娠したり、大人っぽい恋人がいたり、自分のほしいものをちゃくちゃくと手に入れていっている。

この続きをみるには

この続き: 979文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
16
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。