菊池寛 お爺ちゃんは悪いひと 菊池夏樹 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

菊池寛 お爺ちゃんは悪いひと 菊池夏樹 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
文藝春秋の生みの親であり、「父帰る」「真珠夫人」など、戯曲や小説の名手としても名を馳せた菊池寛(1888~1948)。知られざるその素顔を、孫の菊池夏樹氏が綴る。/文・菊池夏樹(菊池寛記念館名誉館長)

どのくらい前だったろう! 菊池寛の妻、私の“お婆ちゃん”が生きていた頃だ。お婆ちゃんに直接、お爺ちゃんの話を訊いてこなかったことに気づいた。何せ、私と祖父は、この世で2年弱のすれ違いだったのだから。今のうちに訊いておかなきゃと、直ぐに彼女の家にとんで行った。

ねぇ、ねぇ、お婆ちゃん、お爺ちゃんのエピソード何か覚えていない? 私が訊くと、彼女は、渋い顔をした。そして何かを思い出したように、なおも渋い顔になった。

「あんたのお爺ちゃんは、悪いひとよ! だってね、仕事でちょっと人に会ってくると言って運転手さんに車の用意をさせてね、家を出るでしょ! 10分も走ると“ここでいいよ”と言って、マントと帽子をかぶって。変装したつもりなのね、そこに待たせていたタクシーに乗り換えるのよ。男のひとって馬鹿よね、3、40分走った処に生垣で囲われた平屋の家があって、呼び鈴を押すと女の人が格子戸を開けるのよ、覚えているのは、それだけ」。お婆ちゃんは渋い顔のまま溜息をついていた。

菊池寛

菊池寛

この続きをみるには

この続き: 328文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。