杉村春子 「女優は岡惚れしてなきゃ」 奈良岡朋子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

杉村春子 「女優は岡惚れしてなきゃ」 奈良岡朋子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
映画に舞台、テレビと幅広く活躍した日本を代表する女優・杉村春子(1906~1997)。「女優として一番教えていただいたのは杉村先生」という奈良岡朋子氏が、思い出を語る。/文・奈良岡朋子(女優)

1_奈良岡朋子(半身)

奈良岡さん

杉村先生は文学座、私は劇団民藝と別の劇団でありながら、文学座の方たちに申し訳ないと思うくらい手取り足取り教えていただきました。

きっかけは1965年の訪中日本新劇団での70日間の旅公演でした。文学座の公演時に先生の付き人をさせていただいたことで、心に留めていただいたようです。

以来、私の出演する舞台を必ず観に来てくださるようになりました。幕が下りると、決まって杉村先生のファンの方が営む六本木の中華料理店へ。広いお部屋で食事をしながら3時間でも4時間でも2人だけで夜が更けるまでお話ししたものです。私が先生の舞台を観に行っても同様で、先生が出ずっぱりの役の時などは「お疲れでしょう」とご遠慮しても、「大丈夫、大丈夫、ごはん食べに行きましょう!」と。

杉村春子

杉村さん

この続きをみるには

この続き: 408文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。