スターは楽し ティルダ・スウィントン|芝山幹郎
見出し画像

スターは楽し ティルダ・スウィントン|芝山幹郎

文藝春秋digital

スターは楽し_ティルダ・スウィントン(クレジット:UPI=共同)

ティルダ・スウィントン
©UPI=共同

100の顔を持つ魔物

30年ほど前のことになる。ロンドンのナイツブリッジにある小さな映画館で、私は『オルランド』(1992)を見た。ケンジントン・ロードをはさんで反対側にあった〈真珠飯店〉という小綺麗な中華料理屋は覚えているが、映画館の名があやふやだ。もしかすると、〈インペリアル・シネマ〉だったかもしれない。

そこで見た『オルランド』が記憶に残りつづけている。映画の主人公は400年の時空を超えて生きる。16世紀の英国に生まれたハンサムな青年が女王エリザベス1世の寵愛を受け、領地や身分を永久に保証されるのだ。ただし、女王は条件を付け加える。「衰えてはならぬ。老いてはならぬ」

言葉に従って、オルランドは若さと美貌を保つ。恋に落ち、詩を書き、東方の遠国へ旅立ち、1週間近い眠りから眼覚めるたびに時代が飛ぶ。ときには、性別さえも変わる。女になったオルランドは、姿見に裸身を映してつぶやく。「前と同じ。性が変わっただけだ」

そんな主人公を演じたのが、当時30歳を出たばかりのティルダ・スウィントンである。180センチの長身。小さな顔。思慮深い光を宿した眼。デレク・ジャーマン監督の作品で容姿は知っていたが、このときの存在感は別格だった。

両性具有とは、男女の中間的な存在などではない。性の境界を軽々と超え、ふたつの領域を楽々と往来する存在を指すのだ。紋切型の理屈に聞こえるだろうが、スウィントンが心身を傾けると、説得力が俄然高まる。容姿や声に筋金が入っているというか、ありがちな空論など一蹴してしまうリアリティが出現するのだ。

この続きをみるには

この続き: 1,612文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。