【アーカイブ】大木亜希子×スイスイ まる裸の文章論【実践編】オンラインミーティングを開催します
見出し画像

【アーカイブ】大木亜希子×スイスイ まる裸の文章論【実践編】オンラインミーティングを開催します

◆大好評イベントの第2回を開催

今年1月に開催した、ライター・作家の大木亜希子さんとエッセイストのスイスイさんによる文藝春秋digitalウェビナー「まる裸の文章論」は、大好評のうちに終了しました。

「仕事人として書くこと」へのこだわりや文章で自分自身をさらけ出すことについて、初対談ながら意気投合した2人。視聴者の皆さんからの質問も盛り上がり、予定時間を大幅にオーバーするほどの熱気あふれるイベントとなりました。

当日の様子は上の記事より動画でご覧いただけます

あれから3ヶ月——。「読者の皆さんの生のお悩みを解決したい」という思いを胸に、「まる裸の文章論」第2弾を開催することにしました。

今回のメインテーマは「自分の体験をフィクションに落とし込むこと」。現在、大木さんもスイスイさんも「創作」の文筆活動に力を入れています。

大木さんとスイスイさんは、自分自身の経験や思いを「創作」いわゆるフィクションの世界にどうやって落とし込んでいるのでしょうか。自分と登場人物との境目は? 創作だからこそ描けることとは? 書き手としてのメインの活動領域を「創作」に移行しつつある2人に、執筆の裏側をお話していただきます。

今回のイベントは二部制です。

第一部は、大木さんとスイスイさんの対談「経験をフィクションに落とし込む」
そして、第二部は「『書くこと』質問・相談会」です。

本イベントはZoomウェビナーではなく、Zoomミーティング機能を使います。前回かなり盛り上がった質問タイムを大幅に拡充し、第二部として独立させることにしました。

ウェビナーではなくミーティングにすることで、顔が見える距離で2人にご質問いただけるようになります。顔出しありでご質問していただくもよし。もちろん、顔出しなしのご参加も大歓迎です。【実践編】とありますが、前回参加しなかった方、でも楽しめるイベントになっています。

参加をご希望の方には、以下に設置しているフォームより、

・お名前(ニックネームも可)
・メールアドレス
・緊急連絡先の電話番号(※メールアドレスが誤入力の場合のみご連絡します)
・2人に聞いてみたいこと、相談したいこと

をご入力ください。ご登録いただいたメールアドレス宛に後日、ZoomミーティングのURLをお送りいたします。

ご登録期限はイベント当日(4月25日)の18時とさせていただきます。

なお、当日リアルタイムでイベントをご覧になれない方も、アーカイブ動画の配信があります。本記事の有料部分にアップしますので、そちらでもお楽しみいただけます。

ぜひ、ご参加ください。

◆イベント概要

イベント名:まる裸の文章論 Vol.2【実践編】オンラインミーティング

出演:大木亜希子(ライター・作家)、スイスイ(エッセイスト)

日時:4月25日(日)19時〜20時30分(予定)

料金:文藝春秋digital会員は無料(それ以外の方は900円でご参加いただけます)

◆大木亜希子 プロフィール

大木亜希子_ウエスト顔寄り

作家・女優。2005年『野ブタ。をプロデュース』で女優デビュー。2010年、秋元康氏プロデュースSDN48として活動開始。解散後、3年間の会社員経験を経て、2018年フリーライターに。著書に『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』(宝島社)、『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』(祥伝社)。7月21日発売『小説現代』(講談社)では自身初の創作小説を書き下ろして話題になる。

◆スイスイ プロフィール

画像2

エッセイスト。広告会社にて営業・コピーライター職を経験後、エッセイストへの転職活動として第一回cakesクリエイターコンテストに応募。入賞をきっかけに『メンヘラ・ハッピー・ホーム』連載開始。同連載が『すべての女子はメンヘラである』(飛鳥新社)として書籍化。現在二児の母。世界一の元カノになりたい。

<<参加申し込みフォームはこの下にあります>>

◆アーカイブ動画

この続きをみるには

この続き: 68文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。