文藝春秋digital
吉本隆明 「いちばん低いもの」で 糸井重里 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

吉本隆明 「いちばん低いもの」で 糸井重里 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
『共同幻想論』などで一世を風靡した思想界の巨人・吉本隆明(1924~2012)だが、コピーライターの糸井重里氏は、そんな彼の意外な日常生活を目撃していた。/文・糸井重里(コピーライター)

語り部・糸井重里

糸井氏

「思想界の巨人」というあだ名を、ご本人はどう思っていたのか、いまさら冗談のように聞いてみたいという思いがある。

「僕は、ふつうに生きている人、あるいはそういう生き方をすでにやっている人の生き方が、いちばん価値ある生き方だと、理想としています」。「ほぼ日」の創刊5周年記念の講演で、吉本隆明さんはこうしゃべりはじめた。そういう人を100点だとすると、その価値からいちばん遠いところにいるマルクスのような人が0点ですというふうに話は続いた。自身については、器量がなくて「中間ぐらい」と採点していた。

ふだんの世間話で、これに近い内容のことを、ぼくは吉本さんの口からいちばん多く聞いた気がする。

吉本隆明

吉本隆明

吉本ばななさんが、「父から唯一教えられたこと」が「人が集まったときには、いちばん低いものでいなさい」ということだったとどこかで言っていたが、そのこととも通じているように思える。子どもに教えるばかりでなく、日常生活のなかの吉本さんは、それをいつでも実践していたようだった。

この続きをみるには

この続き: 317文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。