森光子 景色を良くする特等席 高畑淳子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

森光子 景色を良くする特等席 高畑淳子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
主演舞台『放浪記』の公演が2000回を超え、女優初の国民栄誉賞も受賞した森光子(1920~2012)。代表作の一つ『雪まろげ』の主演を引き継いだ高畑淳子氏が思い出を語った。/文・高畑淳子(女優)

高畑淳子(語り手)

高畑さん

森さんは、公演のときはいつも早くに劇場入りされます。そして、ご自身のメイクを済まされると、自分のお部屋でお茶会を準備してくださるのです。出演者はお部屋にお邪魔して、車座になって3、40分くらいたわいもないおしゃべりをするのですが、皆の話を嬉しそうに聞いてくださりましたね。「これはウォーミングアップなのよ、喉を温めたいからよ」と仰っていました。

お稽古中や公演中でも森さんは、「このお芝居を、ぜひ観に行きたいわ」とおっしゃる時があります。その時は森さんが共演者や関係者の分など、沢山の切符を手配してくれます。それこそ、まるまる席2列分とか、押さえてくださるんですよ。私もご一緒した時、せっかくだからと森さんのお隣りに座ろうとしたら、マネジャーさんに、「そこはちょっとご遠慮くださいね」と言われてしまいました。マネジャーさん曰く、「そこは景色を良くする席ですから、その隣の隣くらいにお座りください」と。劇場内で景色を良くするってどういうことって不思議に思いますよね。すると、その隣の席は共演している若くてイケメンの男性俳優が座る席だったのです。なるほど、いい景色ですよね(笑)。

森光子 トリム前

森光子

この続きをみるには

この続き: 253文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。