見出し画像

わさおよ|工藤健

文・工藤健(わさおプロジェクト代表)

日本海を望む小さな丘にひとり立つ。足元に小さく咲いたハマナスが悲しく思えるのは、先頃、死というものに接したせいだろう。

ここは町境の海辺に建つ、焼きイカを売る店の裏手。すぐそばには、大きな三角屋根の犬小屋がある。そこの主は牡の犬で、私にとっては長く行動を共にした仲間であった。

犬の名は、わさお。

白くてわさわさした毛並みに愛嬌のある顔立ちを持ち、全国的な人気者となった、あのわさおだ。

ちょうど12年前の今頃、私はこの同じ場所で初めてわさおに出会った。

その頃わさおはまだ幼く、溢れんばかりのエネルギーを持て余し、やんちゃに暴れまわっていた。素朴で急ごしらえの犬小屋らしき箱があり、そこに繋がれ、なぜかしら誇らしげな顔をしていた。

わさおは捨て犬だった。

しかし焼きイカ屋の店主、菊谷節子さんに巡り合い、その運命が大きく変わって行く。

そしてこの日以降、私もまたわさおの生涯に関わりを持つようになる。その生き様を見つめ続ける、言わばわさお物語の観客となったのだ。

それは冒険譚であり、ラブロマンスであった。かと思えば落語や浪花節のようでもあった。今日はその中からお別れの物語を幾つか取り出してみるとしよう。

まず最初は老犬チビとのお話。わさおは当初、チビという名のおばあちゃん犬と一緒に暮らしていた。チビはわさおの師匠であった。暑さをしのぐ水浴びの仕方や、おなかの調子が悪い時に効く草の種類など、生きるための知恵をわさおに与えた。

3年ほどの時が流れ、とうとうチビの命の炎が燃え尽きた。わさおは一声出して泣いた。どうにかならんのか、なんとかせよといった眼差しで私をじっと睨んでいた。納得できん、腑に落ちん。そんな顔であった。

チビと別れた年の秋、わさおは飼い主の節子さんと共に、自身を題材にした映画の撮影に挑んだ。そしてこれを見事に成し遂げた。

この続きをみるには

この続き: 912文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。