【ダイジェスト版】宮台真司×先崎彰容オンライン対談「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」(2021年11月24日配信)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【ダイジェスト版】宮台真司×先崎彰容オンライン対談「“劣化社会”日本に処方箋はないのか?」(2021年11月24日配信)

文藝春秋digital

文藝春秋digitalのオンライン対談シリーズ「先崎彰容の令和逍遥 Vol.3」が、2021年11月24日に開催されました。

宮台さん先崎さん

この日の対談は、90年代から社会批評や映画批評の第一線で活躍し続けてきた言論人である宮台真司さんがゲスト登壇。日本社会におけるパブリックの在り方、個人と国家の距離、日本の劣化社会化の進行を止めるための処方箋などについて、鋭く刺激的な議論が先崎彰容さんとの間で交わされました!

画像1

ふたりの対話は、柳田國男、宇野重規、トクヴィルなどの知識人たちの仕事を参照しながら始まりました。

宮台さんは「国家は個人を助けられない」「国家が助けることができるのは共同体であり、個人を助けることができるのが共同体です。そうして共同体に助けられているがゆえに個人は不安ではない、ある程度尊厳を保つことができる個人が民主制にコミットする」と、トクヴィル主義における個人・共同体・国家の関係を解説していきます。

その話から先崎さんは、コロナ禍で国の補償を求める声が人々から大きく上がったことに触れ、「たとえば商店街の人が餓死しないようにすることはお隣さんの助けがあればできるわけですよね。いまの日本はそういう感覚がない。個人に不平不満があるときは、いきなり国家にダイレクトにものをいう」「こういうところに重大な失われた部分があると感じました」と、現代日本における個人・国家の距離の近さを指摘しました。

その問題提起を軸として、話は政治について、被災について、地域性について、教育についてとさまざまな現代日本の諸問題へと触れていきました。そのひとつひとつにおいて、宮台さんと先崎さんが語った言葉が、いまを生きる我々ひとりひとりの生活と無関係でないことは、対談番組を実際に観ていただければ誰もが腑に落ちることでしょう。

対談終盤では、先崎さんから「現代日本への処方箋とは?」という根源的な問いかけも宮台さんへ向けられます。宮台さんがそれに返した答えは、決して現実離れしたものではありませんでした。

「文藝春秋digital」有料会員の方は以下URLより当該イベントをご視聴頂けます。

《この下に動画があります》

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。