母とエリザベス女王|リシャール・コラス
見出し画像

母とエリザベス女王|リシャール・コラス

著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、リシャール・コラスさん(シャネル合同会社会長)です。

母とエリザベス女王

母は父と同じ南仏プロヴァンスのオランジュという小さな町で生まれ育った。幼ななじみのふたりは戦争で離ればなれになったが、数年後にパリで偶然再会。結婚して私と妹が生まれた。

とにかく母はタフ。若いころに病気で片方の肺を失いながら、毎日プールで1キロは泳いでいた記憶がある。

「人に頼らず、自分の人生は自分で切り開く」が口癖。家族で10年過ごしたモロッコでは、お手伝いさんがいたけれど、自分の部屋のベッドメイクや片づけは自分たちでやるようにと、彼女が子供部屋に入ることさえ許さなかった。私の代わりに掃除をしてくれると「やわな男になるからダメ!」と彼女を叱っていた。食事の準備も家族全員一緒に。言葉数は少ないけれど、なにせ愛情深い毋のもと、お手伝いさんも家族の一員だった。私は自然と掃除や料理を手伝うようになり、今でもひととおりの事はできるつもりだ。良き夫と自負している。

この続きをみるには

この続き: 568文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。