見出し画像

ノーベル文学賞 女性詩人の言葉|鴻巣友季子

文・鴻巣友季子(翻訳家・文芸評論家)

今年のノーベル文学賞は、米国の女性詩人ルイーズ・グリュック氏に授与された。

わたしは同賞の「受賞者解説待機要員」として、四半世紀にわたって毎年賞の行方を見届けてきた。ゼロ年代の半ばごろから、村上春樹が「候補」にあがっているという噂が出回り、賞自体が一気に注目されるようになった。

ルイーズ・グリュック(本国での発音はグリックに近いようだ)は、1943年、ニューヨーク市ロングアイランド生まれ。父方の祖父母はハンガリー系ユダヤ人で、父が生まれる前にニューヨークに移住している。母はロシア系ユダヤ人の子だ。

わたしは今年、いくつかの理由からグリュック氏を「授賞ウォッチリスト」に入れていたものの、あまり期待はしていなかった。本人もノーベル文学賞の授賞にそうとう驚いたようだ。発表直後に家の前で報道陣に囲まれると、「ええ、感謝の念を抱いております……でも、すみません、あちらで車が待っているんですよ。運転手さんはそれで生計を立てているのですから。はい、ありがとうございます」と、戸惑いつつも気づかいを見せながら車に乗りこんでいった。

その後、彼女がインタビューで、「(同賞を)アメリカの白人の詩人に授賞しようとはびっくりです」と答えると、この言葉の断片だけが日本のSNSで独り歩きし、「白人至上主義者のいやみ?」などと批判されたりした。いやいや、そうではない。氏が言いたかったのは、少し要約するとこういうことなのだ。

「わたしたち(アメリカの白人)はあらゆる賞を頂いてきました。そのうえに、わたしが授賞されるとは。(その一方、ノーベル文学賞においては)これまで多くの卓越した(白人の)アメリカ人詩人が見過ごされてきたというのに」

この続きをみるには

この続き: 1,019文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
10
一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。