「貧幸時代」実践例とアイデア 読者からの投稿を募集 選考・構成=倉本 聰
見出し画像

「貧幸時代」実践例とアイデア 読者からの投稿を募集 選考・構成=倉本 聰

文藝春秋digital

『北の国から』『やすらぎの郷』の脚本家として知られる倉本聰さん。『北の国から』では、バブル景気のさなか、東京から故郷の北海道富良野に帰った黒板五郎一家が、電気も水道も通らない小屋でひたむきに生きる姿を描き、多くの人の胸を打ちました。

石の家正面

『北の国から』の五郎が建てた石の家

現代人は「もっともっと」と便利さを求めるあまり、地球を「高熱の星」にしてしまいかねない。戦中戦後の貧しくとも幸せな時代に「バック・トゥ・パースト」してあの頃の生き方を取り戻してみませんか、と倉本さんは呼びかけています。そして夏の暑さに打ち水、ローソクの灯だけでお風呂、ティッシュペーパーの代わりに布巾……自身の実践例を挙げています。廃棄予定の730万枚ものアベノマスクに関して思いついたのが「アベノオムツ」としての再利用だそうです。実際には「ガーゼからオムツなんて無理」と夫人に笑われたそうですが、兵庫県川西市在住の85歳の女性がマスク5枚をガーゼ地に戻して手縫いで産着を仕立てあげたと聞いて驚いたと言います。

「皆さんはどんな工夫をされているのか、聞いてみたい」

倉本さんからそんな提案がありました。そこで編集部では、読者の皆様から「貧幸時代」の実践例とアイデアを募集し、倉本さんとともに地球環境にやさしい生き方を考えてみたいと思います。

あの頃の暮らしの思い出とともに、ご家庭ならではの「生活の知恵」があればお知らせください。倉本さんおすすめの「今昔ノート」に書き出してみて気づかれたこと、再発見されたことをお書きいただいてもけっこうです。

原稿枚数 400字×3枚まで(返却できません。編集の都合により、若干手を入れさせていただくことがあります。また、応募された原稿の著作権は弊社に帰属いたします)
締切り 令和4年5月31日
掲載 令和4年8月号(7月8日発売)掲載予定
宛て先 〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23 文藝春秋編集部「貧幸時代」係。電子メールはmbunshun@bunshun.co.jp

住所・氏名・年齢・職業を明記ください。記載いただいた個人情報は、本誌への掲載と採用分の原稿謝礼のためのみに利用し、すみやかに破棄いたします。

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。