文藝春秋digital
名品探訪 「凜々しき百年時計」
見出し画像

名品探訪 「凜々しき百年時計」

文藝春秋digital
世紀を越えた美意識と機能、そして“物語”を併せ持つ「百年時計」。今回はスポーツウォッチをテーマに、その本質を伝える11本を選び抜いた。/文=山下英介、写真=長山一樹(S-14)、スタイリスト=石川英治(tablerockstudio)

LUXURY SPORTS WATCH

“ラグジュアリースポーツ” という概念は時代を超越するか?

画像1

Grand Seiko(グランドセイコー)
ゼンマイを動力源にしつつクオーツなみの精度を誇る、セイコー独自の機構「スプリングドライブ」を採用したGMT付きクロノグラフ。8本の針を備えた本格的な機能と操作感が魅力だが、端正な美しさは健在。美しく磨き上げられたベゼルやシャンパンのように黄味がかった文字盤が、実に上品だ。スプリングドライブ、ステンレススティール、ケース径43.5㎜。SBGC201 ¥946,000(セイコーウオッチお客様相談室☎0120-061-012)

上質なスポーツテイストは TPOなき時代の新定番

 近年、スポーティなデザインとラグジュアリーな外装を兼ね備えた時計、「ラグジュアリースポーツウォッチ」の人気ぶりが凄まじい。

一般的には“ラグスポ”と呼ばれるこの概念が生まれたのは、ちょうど半世紀前、1972年のこと。オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク」を皮切りに、それまで実用品としてのみ扱われていたステンレススティール素材に、金無垢にも負けない高級感を持たせた時計が続々登場。近年のブームを受けて、その傾向は年々強まっている。現在の人気こそ少々過熱気味とも言えるが、カジュアル化が進む私たちのファッションやライフスタイルと連動した潮流でもある。自動車において高級SUVが支持されているのと同じく、今やシーンを選ばないこれらの時計は、新しい定番。次なる50年も、その価値を喪うことはないだろう。

画像2

Gérald Genta
1931~2011年。20世紀半ばから時計デザイナーの先駆けとして活躍した、ジェラルド・ジェンタ。1972年の「ロイヤル オーク」を皮切りに、のちにラグジュアリースポーツウォッチと呼ばれる名品を次々とデザインする

この続きをみるには

この続き: 2,445文字 / 画像6枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。