【アーカイブ動画】編集長対談・女性誌生存戦略——歩むべきは「王道」【オンラインイベント】
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【アーカイブ動画】編集長対談・女性誌生存戦略——歩むべきは「王道」【オンラインイベント】

◆「王道」を歩み続ける女性誌編集長の対談、本日開催

出版不況の昨今、雑誌業界が厳しいと言われています。とりわけ女性誌は苦境に立たされています。2020年から2021年にかけてはコロナ禍の影響もあり、『JJ』『ミセス』などの老舗雑誌が立て続けに休刊を発表。業界に衝撃を与えました。

そんな“女性誌冬の時代”において、圧倒的な存在感を放つ2誌があります。

『家庭画報』(世界文化社)
『Precious』(小学館)

両誌ともに富裕層をメイン読者に想定した「王道」を歩みづつけるラグジュアリー誌です。美しいビジュアルで誌面が構成されています。ファスト・ファッション全盛の時代でも、流行に媚びることなく「最上級の物を取り上げる」という創刊以来のコンセプトは揺るぎません。

今回の文藝春秋digitalウェビナーでは、『家庭画報』編集長の千葉由希子さん、『Precious』編集長の守屋美穂さんをゲストでお招きし、「女性誌生存戦略」をテーマにお話をお聞きします。雑誌冬の時代でも女性誌が輝き続けるための秘策とは——。なかなか聞けない女性誌制作の裏側などもお話いただきます。

聞き手は、元『CREA』編集長の倉林里実(『文藝春秋』編集部)です。ぜひご参加ください。

◆イベント概要

イベント名:編集長対談・女性誌生存戦略——歩むべきは「王道」

出演:千葉由希子(『家庭画報』編集長)、守屋美穂(『Precious』編集長)、聞き手・倉林里実(元『CREA』編集長)

日時:6月25日(金)19時〜20時30分(予定)

料金:文藝春秋digital会員は無料(それ以外の方は900円でご参加いただけます)※本イベントはアーカイブもございます。リアルタイムでご覧になれなかった方もぜひご参加ください。なお、イベントの録画はご遠慮ください。

◆千葉由希子 プロフィール

画像1

千葉由希子
「家庭画報」編集長。1992年世界文化社入社。「家庭画報」ファッション班所属。2001年「MISS」副編集長。「MISS Wedding」「家庭画報別冊ときめき」「家庭画報.com」編集長を経て、2018年より現職。趣味はスキー、読書、犬の散歩。

◆守屋美穂 プロフィール

Precious 守屋編集長

守屋美穂/「Precious」、「MEN’S Precious」編集長
大学卒業後、小学館に入社。27年にわたり女性ファッション雑誌の編集や新創刊に携わる。
特に、読者ターゲットである働く女性や富裕層女性のファッション、美容、ライフスタイルに精通。『Oggi』、『Advanced Time』(タブロイドメディア)編集長を経て、2020年10月より現職。

◆アーカイブ動画

<<動画はこの下にあります>>

この続きをみるには

この続き: 68文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。