司馬遼太郎 京都での新聞記者時代 上村洋行 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

司馬遼太郎 京都での新聞記者時代 上村洋行 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
国民的作家の司馬遼太郎(1923~1996)は、かつて新聞記者だった。義弟で司馬遼太郎記念館館長の上村洋行氏は、司馬の影響を受けて記者になった。/文・上村洋行(司馬遼太郎記念館館長)

産経新聞の記者時代、司馬遼太郎と同じ新聞社でしかも、最初は同じ京都支局に配属された。

京都の東山山麓にある神社に取材に行き、帰ろうとすると、境内を掃除されていた権禰宜の方から「産経さんか。福田はんは元気か」とたずねられた。とっさに名前が浮かばず、支局にいない名前だが、と思いつつ生返事をして辞した。

支局に戻る道すがら、はっと気づいた。本名は福田定一である。そのころ、『竜馬がゆく』『燃えよ剣』『国盗り物語』などが世に出ていた。権禰宜の方はペンネームをご存じなかった。新聞記者として覚えておられたことがなんともうれしく、帰って当人に伝えると苦笑していた。

司馬遼太郎

司馬遼太郎

私の両親は大学に入ったころまでに亡くなった。自立できないままに私の姉と結婚していた司馬遼太郎宅の居候となった。図体の大きい男が転がり込んでくると、義弟といえども迎える側としては違和感を持つものだと思う。ところが、司馬遼太郎はそういう態度、表情は微塵も見せず、ごく自然に迎え入れてくれた。このことは私を勇気づけ、母親との別れを癒やしてくれた。

新聞記者になりたい、と思ったのは司馬遼太郎の一言だった。

この続きをみるには

この続き: 266文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。